2025年デフリンピックの東京開催について

2022年11月15日

3年後の2025年にデフリンピックが日本で初めて開催されます。

デフリンピックとは、デフ+オリンピックのこと。デフ(Deaf)とは、英語で「耳が聞こえない」という意味です。デフリンピックは国際的な「ろう者のためのオリンピック」なのです。オリンピックと同じように4年に1度、夏季大会と冬季大会がそれぞれ開かれます。ルールはオリンピックとほぼ同じですが、耳の聞こえない人のために様々な工夫がされています。

初めて開かれたのは1924年のフランスでの夏の大会で、2022年には第24回目の大会がブラジルのカシアス・ド・スルで行われました。今回、日本初の東京開催が決まった2025年は第25回大会で、100周年に当たります。

一般財団法人全日本ろうあ連盟スポーツ委員会ホームページより一部抜粋

開催日程 2025年11月15日(土)から26日(水)まで

会  場 駒沢オリンピック公園総合運動場ほか

競  技 全21競技
陸上、サッカー、卓球、バレーボール、バスケットボール、ハンドボール、バドミントン、レスリング(フリースタイル)、レスリング(グレコローマン)、空手、柔道、テコンドー、水泳、テニス、ビーチバレー、自転車競技(ロード)、自転車競技(MTB)、ボウリング、ゴルフ、オリエンテーリング、射撃

プレスリリース等

2022年9月10日   2025年デフリンピック大会東京開催決定に関する知事コメント

2022年10月14日 知事面会(全日本ろうあ連盟及び第24回夏季デフリンピック大会出場選手)

関連リンク:

一般財団法人全日本ろうあ連盟スポーツ委員会

【問合せ先】

生活文化スポーツ局スポーツ総合推進部企画調整課
電話:03-5320-5887
メール:S1120701(at)section.metro.tokyo.jp

※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。
お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。