都内レガシー設置物の設置状況について

レガシー設置物とは、第32回オリンピック競技大会及び東京2020パラリンピック競技大会(以下「東京2020大会」という。)の機運醸成及び大会後に大会を想起するため、東京都、関係自治体及び大会会場所有者等によって、設置、維持管理されるものです。

オリンピック・パラリンピックパーク名称の付与

競技会場等となった施設と公園を一体的なエリアと捉え、東京2020大会の開催を象徴する2つのエリアに「オリンピック・パラリンピックパーク」の名称をレガシーとして付与します。

  • 有明オリンピック・パラリンピックパーク(江東区)
    有明親水海浜公園、有明アーバンスポーツパーク、有明アリーナ、有明体操競技場を含むエリア
有明オリンピック・パラリンピックパーク
有明オリンピック・パラリンピックパーク
  • 武蔵野の森オリンピック・パラリンピックパーク(府中市、調布市、三鷹市)
    武蔵野の森公園、武蔵野の森総合スポーツプラザ、東京スタジアムを含むエリア
武蔵野の森オリンピック・パラリンピックパーク
武蔵野の森オリンピック・パラリンピックパーク

シンボル・大会マスコット像

オリンピック・パラリンピックシンボルは、大会期間中に設置した7か所のうち、区部及び多摩地域における象徴的な場所として設置した臨海部と高尾山周辺に3つを再設置します。
大会マスコット像について、都が大会期間中に設置した13か所全てを再設置します。

シンボル・大会マスコット像 都内設置マップ

オリンピック・パラリンピックシンボル設置施設等一覧

レガシー設置場所 管理者 設置写真
1 ◆東京都庁(第一本庁舎:オリンピック)
     (第二本庁舎:パラリンピック)
 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
 施設についてはHPをご覧ください
写真
写真
 ⇓※有明オリンピック・パラリンピックパーク整備後移設
◆有明オリンピック・パラリンピックパーク
 ※詳細が決まり次第、お知らせいたします。
※今後掲載予定
2 ◆東京国際クルーズターミナル
 〒135-0064 東京都江東区青海二丁目地先
 施設についてはHPをご覧ください
写真
写真
3 ◆TAKAO599ミュージアム
 〒193-0844 東京都八王子市高尾町2435番3号
 設置場所の詳細はHPをご覧ください
八王子市
写真
写真

大会マスコット像設置場所一覧

レガシー設置場所 管理者 設置写真
1 ◆東京都庁(第一本庁舎)
 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
 施設についてはHPをご覧ください
写真
2 ◆東京スポーツスクエア(予定)
 〒100-0005 東京都千代田区丸の内三丁目8番3号
 ※詳細が決まり次第、お知らせいたします。
※今後掲載予定
3 ◆東京アクアティクスセンター
 〒135-0053 東京都江東区辰巳二丁目2番1号
 施設についてはHPをご覧ください
※今後掲載予定
4 ◆有明アリーナ
 〒135-0063 東京都江東区有明一丁目11番1号
 施設についてはHPをご覧ください
※今後掲載予定
5 ◆武蔵野の森総合スポーツプラザ
 〒182-0032 東京都調布市西町290番11号
 施設についてはHPをご覧ください
写真
6 ◆東京体育館
 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ケ谷一丁目17番1号
 施設についてはHPをご覧ください
写真
7 ◆日本オリンピックミュージアム
 〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4番2号
 JAPAN SPORT OLYMPIC SQUARE 1・2F
 設置場所、期間等の詳細はHPをご覧ください
 ※展示物は常設ではありません。
JOC ※今後掲載予定
8 ◆八王子市富士森公園
 〒193-0931 東京都八王子市台町二丁目2番
 設置場所の詳細はHPをご覧ください
八王子市
写真
9 ◆調布市総合体育館
 〒182-0011 東京都調布市深大寺北町二丁目1番65号
 施設についてはHPをご覧ください
調布市
写真
10 ◆青梅市総合体育館
 〒198-0036 東京都青梅市河辺町四丁目16番1号
 施設についてはHPをご覧ください
青梅市
写真
11 ◆秋川体育館
 〒197-0814 東京都あきる野市二宮683番
 施設についてはHPをご覧ください
あきる野市
写真
12 ◆奥多摩文化会館
 〒198-0105 東京都西多摩郡奥多摩町小丹波82番
 施設についてはHPをご覧ください
奥多摩町
写真
13 ◆大島町図書館
 〒100-0101 東京都大島町元町字丸塚548番1号
 施設についてはHPをご覧ください
大島町
写真

銘板

東京2020大会で使用した都立の競技会場等に、大会エンブレム等を活用した銘板を設置します。

銘板設置施設等一覧(競技会場)

レガシー設置場所 管理者 設置写真
1 ◆東京体育館
 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ケ谷一丁目17番1号
 施設についてはHPをご覧ください
※今後掲載予定
2 ◆東京国際フォーラム
 〒100-0005 東京都千代田区丸の内三丁目5番1号
 施設についてはHPをご覧ください
※今後掲載予定
3 ◆武蔵野の森総合スポーツプラザ
 〒182-0032 東京都調布市西町290番11号
 施設についてはHPをご覧ください
※今後掲載予定
4 ◆東京スタジアム
 〒182-0032 東京都調布市西町376番3号
 施設についてはHPをご覧ください
※今後掲載予定
5 ◆武蔵野の森公園
 〒183-0003 東京都府中市朝日町三丁目
 〒182-0032 東京都調布市西町
 〒181-0015 東京都三鷹市大沢五・六丁目
 公園の詳細はHPをご覧ください
※今後掲載予定
6 ◆有明アリーナ
 〒135-0063 東京都江東区有明一丁目11番1号
 施設についてはHPをご覧ください
※今後掲載予定
7 ◆有明体操競技場(有明展示場)
 〒135-0063 東京都江東区有明一丁目10番1号
 ※詳細が決まり次第、お知らせいたします。
※今後掲載予定
8 ◆有明アーバンスポーツパーク(有明親水海浜公園)
 〒135-0063 東京都江東区有明一丁目7番
 ※今後開業予定
 ※詳細が決まり次第、お知らせいたします。
※今後掲載予定
9 ◆有明テニスの森
 〒135-0063 東京都江東区有明二丁目2番22号
 施設についてはHPをご覧ください
※今後掲載予定
10 ◆お台場海浜公園
 〒135-0091 東京都港区台場一丁目4番
 ※詳細が決まり次第、お知らせいたします。
※今後掲載予定
11 ◆潮風公園
 〒135-0092 東京都品川区東八潮1番
 公園の詳細はHPをご覧ください
※今後掲載予定
12 ◆青海アーバンスポーツパーク(シンボルプロムナード公園)
 〒135-0066 東京都江東区⻘海一丁目1番
 ※詳細が決まり次第、お知らせいたします。
※今後掲載予定
13 ◆大井ホッケー競技場
 〒140-0003 東京都品川区八潮四丁目1番19号
 施設についてはHPをご覧ください
※今後掲載予定
14 ◆海の森クロスカントリーコース(海の森公園予定地)
 〒135-0066 東京都江東区海の森三丁目3番72号
 ※詳細が決まり次第、お知らせいたします。
※今後掲載予定
15 ◆海の森水上競技場
 〒135-0066 東京都江東区海の森三丁目6番44号
 施設についてはHPをご覧ください
※今後掲載予定
16 ◆カヌー・スラロームセンター
 〒134-0086 東京都江戸川区臨海町六丁目1番1号
 施設についてはHPをご覧ください
※今後掲載予定
17 ◆夢の島公園アーチェリー場
 〒136-0081 東京都江東区夢の島二丁目1番
 施設についてはHPをご覧ください
写真
写真
18 ◆東京アクアティクスセンター
 〒135-0053 東京都江東区辰巳二丁目2番1号
 施設についてはHPをご覧ください
※今後掲載予定
19 ◆東京辰巳国際水泳場
 〒135-0053 東京都江東区辰巳二丁目8番10号
 施設についてはHPをご覧ください
※今後掲載予定

銘板設置施設等一覧(競技会場以外)

レガシー設置場所 管理者 設置写真
1 ◆選手村(晴海ふ頭公園)
 〒104-0053 東京都中央区晴海五丁目地内
 ※詳細が決まり次第、お知らせいたします。
※今後掲載予定
2 ◆IBC/MPC(東京ビックサイト内)
 ・IBC(国際放送センター)
 ・MPC(メインプレスセンター)
 〒135-0063 東京都江東区有明三丁目11番1号
 施設についてはHPをご覧ください
※今後掲載予定
3 ◆練習会場(東京武道館)
 〒120-0005 東京都足立区綾瀬三丁目20番1号
 施設についてはHPをご覧ください
※今後掲載予定

※その他、区市町村が、自転車ロード・パラマラソンコース上や、競技会場以外の大会関連場所(聖火リレー、練習会場、事前キャンプなど)に銘板を設置しています。

有明聖火台(競技期間用聖火台)

東京2020大会期間中、東京臨海部夢の大橋有明側に競技期間用聖火台を設置しました。その聖火台を、令和4年10月に、シンボルプロムナード公園(石と光の広場横)に再設置します。都が大会の貴重なレガシーとして管理し、臨海部の新たな賑わい創出の要素として活用します。

レガシー設置場所 管理者 設置写真
1 ◆シンボルプロムナード公園(石と光の広場横)
 〒135-0063 東京都江東区有明三丁目7番7号
 ※詳細が決まり次第、お知らせいたします。
※今後掲載予定

休戦ムラール・パラリンピックムラール

東京2020大会期間中、多摩産材を活用し選手村に設置した休戦ムラール及びパラリンピックムラールを、平和や共生のメッセージと選手の活躍、多摩産材の魅力を発信できる大会のレガシーとして、都有施設等に設置します。

休戦ムラール設置施設等一覧

レガシー設置場所 管理者 設置写真
1 ◆有明展示場(旧有明体操競技場)
 〒135-0063 東京都江東区有明一丁目10番1号
 ※詳細が決まり次第、お知らせいたします。
※今後掲載予定
2 ◆東京スポーツスクエア(予定)
 〒100-0005 東京都千代田区丸の内三丁目8番3号
 ※詳細が決まり次第、お知らせいたします。
※今後掲載予定
3 ◆檜原都民の森(木材工芸センター)
 〒190-0221 東京都西多摩郡檜原村7146
 施設についてはHPをご覧ください
写真
4 ◆晴海特別出張所(仮称)等複合施設3階図書館内
 ※詳細が決まり次第、お知らせいたします。
中央区 ※今後掲載予定
5 ◆日本オリンピックミュージアム
 〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4番2号
 設置場所、期間等の詳細はHPをご覧ください
 ※展示物は常設ではありません。
JOC
写真

パラリンピックムラール設置場所一覧

レガシー設置場所 管理者 設置写真
1 ◆東京都パラスポーツトレーニングセンター
 (東京スタジアム内)
 ※令和5年3月開業予定
 ※詳細が決まり次第、お知らせいたします。
※今後掲載予定
2 ◆東京都人権プラザ
 〒105-0014 東京都港区芝二丁目5番6号芝256
 スクエアビル 1・2階
 施設についてはHPをご覧ください
※今後掲載予定
3 ◆日本オリンピックミュージアム
 〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4番2号
 設置場所、期間等の詳細はHPをご覧ください
 ※展示物は常設ではありません。
JOC
写真

※休戦ムラールとは、選手等が平和への祈りを込めてサインすることができるモニュメント。パラリンピックムラールとは、選手等が障害者の権利推進と持続可能な共生社会実現への願いを込めてサインすることができるモニュメント。多摩産材を活用した休戦ムラール5基、パラリンピックムラール3基を都が製作し、各大会期間中、選手村に設置しました。都知事やIOC・IPC 会長、組織委員会会長等で署名式を行い、世界にメッセージを発信しました。

写真
休戦ムラール署名式
写真
パラリンピックムラール署名式

【問合せ】

(オリンピック・パラリンピックパーク名称に関すること)
生活文化スポーツ局スポーツ施設部施設整備第一課開設準備担当
電話 03-5388-2248(直通)

(レガシー設置物に関すること)
生活文化スポーツ局スポーツ総合推進部スポーツレガシー活用促進課スポーツレガシー担当
電話 03-5388-2876(直通)