1. トップページ
  2. 東京育ちアスリート応援事業
  3. 東京育ちアスリートの地元での活動
  4. 吉越 奏詞

東京育ちアスリートの地元での活動

目黒区

パラ馬術

吉越 奏詞

SOUSHI YOSHIGOE

令和5年2月26日(日)、東京2020パラリンピック競技大会 馬術に出場された目黒区出身の吉越奏詞選手を講師としてお招きし、初級障がい者スポーツ指導員養成講習会を実施しました。本講習会は、障がい者スポーツ指導員の育成を図ることにより、障害のあるかたのスポーツ活動が安全で楽しく、効果的に行われるようにすることを目的として実施しているものです。 吉越選手は講習会で「幼い頃、近所のポニー園での乗馬をきっかけに馬術を始めた。馬術では馬との絆を深めることがとても大切。」「自身も乗馬等でボランティア活動を行っているが、「ありがとう」という言葉が一番嬉しくやりがいにつながる。」などとお話をされていました。また、吉越選手とともに体験した卓球バレーは大変盛り上がり、受講者からは「とても有意義な時間だった。」という感想が寄せられました。 現在は2024年のパリパラリンピック出場を目指している吉越選手の応援を皆さんよろしくお願いします!

東京育ちアスリートを検索

各エリアを選択すると大きく表示されます

※該当のアスリートがいない場合は選択することができません